教会地図 | お問い合わせ | サイトマップ

  • HOME
  • 牧師・伝道師のご紹介

弓町本郷教会 牧師・伝道師のご紹介

大澤宣(おおざわ ひろむ) 牧師のご紹介

1962年、愛媛県今治市に生まれました。同志社大学神学部に学び、その後、東京、京都で、牧師、また幼稚園長として働いてきました。2016年4月から、弓町本郷教会牧師、弓町本郷幼稚園長として働いています。

私たちの教会は、130年前から、この本郷の地で、神様の恵みを多くの方たちと分かち合いたいとの願いをもって働き続けてきました。一人ひとりが、命の恵みをいただいて、それぞれの歩みを与えられていることに感謝をささげながら歩んでまいりました。

どうぞ、教会に足を運んでいただき、神様の恵みをおぼえる歩みをすすめてまいりましょう。





丹羽真理恵(にわ まりえ)伝道師のご紹介

私は幼い頃から日本基督教団水戸教会に通い、そこで与えられた信徒さんや牧師との出会い、交わりのなかで育てられてきました。

教会学校や主日礼拝で聖書に触れ、お話を聞く生活を通して、次第に自分もイエス様の弟子になりたいという思いを持つようになっていきました。

子どもの時に教会学校で聞いたお話の中で、特に印象に残っているものがあります。「愛ってどんなものだと思いますか?

どんなもの、と言っても難しくて説明できないけれど愛って、どうするもの、どうされるもの、でしょうか?」それは愛についてのお話でした。

私たちはよく「愛を注ぐ」「愛で満たす」「愛が溢れる」と表現します。また、愛に溺れる、と書いて「溺愛」なんて言葉もあります。注ぎ、満たし、溢れる、溺れる、まるで液体のような言葉を用いて愛は表現されています。

私たち人間はそれぞれ違う形、違う色、違う大きさをした焼き物のような器であり、神さまの愛はその中に水を注ぐように与えられているのだと、そのように教えてもらいました。

私は中学、高校に入り、人間関係について深く悩みを抱えていた時に自分に自信を持つことができなくなっていました。

そのような時に私の心の支えとなっていたのが、話を聞いて私の痛みに寄り添い、心の支えになってくださった伝道師の先生や、幼い時から愛し育ててくださった教会員の皆さま、そして教会学校で聞いた、あの、愛のおはなしでした。

私たち人間はそれぞれ違う形、違う色、違う大きさをした焼き物のような器であり、神さまの愛はその中に、雨が降りしきるように、水を注ぐように与えられています。

どんなにゴツゴツした硬い器であってもどんなに冷たく冷え切った器であっても焼きあがったばかりの柔らかくて脆い器であってもヒビの入ったボロボロの器であっても、神さまはその中に、たえることなく にじみ、あふれ、ながれやむことのない愛を、注ぎ続けているのです。

高校3年生の夏に、教会の一員となり、この群れの中で生き、神さまと共に歩み続ける者でありたいと考え、洗礼を受けました。

そして、イエスさまが教えられたように、また私がそうしていただいたように、弱いとされている人や悲しみ、苦しみを抱えている人に寄り添い共に生きる生き方をしたい、叶うならば献身したいという思いを持って同志社大学の神学部に進学し、自分の生まれ育った教会の属する日本基督教団の教師をめざすようになりました。

私が今まで与えられてきたものは全て、神様との出会いを通して与えられたものです。

この春、弓町本郷教会からいただいた伝道師としての招聘もまた、主の召しと信じてお受けしました。

新たな出会い、交わりに期待を寄せつつ、神さまの愛を受けたお一人おひとりと共に生き、神さまの愛を受けたこの弓町本郷教会という群れのなかで生き、この身を神さまと人とに仕えるために献げたいと考えています。

  • Copyright © Yumicho Hongo Church All Rights Reserved.