弓町本郷幼稚園

教会地図 | お問い合わせ | サイトマップ

  • HOME
  • 幼稚園創立60周年を迎えて - 園長からのお便り

幼稚園創立60周年を迎えて - 園長からのお便り

イメージ写真

2010年わたしたちの幼稚園は創立60周年を迎えました。

1945年(昭和20年)、第2次世界大戦敗戦後の混乱は大変なものでした。大人たちは衣食住に追われ、子どもたちの教育環境は今では想像できないほど劣悪なものでした。

幼稚園の設立母体となる弓町本郷教会は1948年(昭和23年)教会学校の幼稚科をスタートさせました。学齢期前の子どもたちが集まる場所は当時ほとんどなく、毎週日曜日には40名から70名の子どもが集うようになりました。そのような中、教会に幼稚園を開設してほしいとの声が東京都、また地域の方々から起こってきました。

もともとこの教会において幼稚園事業を行う計画があり、そのための土地や建物が用意されていた、というようなことでは全くありませんでした。しかし、『幼稚園開設を』という声を教会が受けとめ、それに応えて歩み始めた、それが弓町本郷幼稚園の始まりでした。

1950年(昭和25年)3月15日幼稚園設立の認可がおり、翌月4月11日開園式、4月12日第1回入園式を行いました。以来今年で60年。弓町本郷幼稚園は歩み続けてきました。

イメージ写真

この幼稚園にとっての初心、それは「神様はわたしたち人間一人一人を愛し、支え、導き、共に歩み、共にあり続けてくださる。そのことを心から受けとめていく中で、真の教育はなされていく」というキリスト教信仰です。そしてそれは今も変わらぬわたしたちの信仰です。

「神の愛」とは単に理念として、標語として揚げられるようなものではなく、聖書の言葉に聞き続け、絶えず新たに出会い、与えられていくものです。

神の愛に出会い続けていく中で、その愛に感謝し、応えて生きるところでこそキリスト教保育は進められていくものです。

一人一人の子どもたちが、この幼稚園で神の愛と出会い、神の愛の中で生きる喜びと自由を知ってほしいと願っています。

そして、卒園してからも教会学校、教会を通して、一人一人の成長に寄り添い、共に歩んでいきたいと心から願っています。

「子どもたちがいる。大きな声で笑い、笑顔で語りかけ、元気に走り回り、目を大きく開けていろいろなものを見つめ、遊び続ける子どもたちがいる。

泣いたり、怒ったり、とびきりの笑顔で成長していく子どもたちがいる。それを見守る牧師たちがいる。一緒に走り、一緒に笑い、いっしょに遊び、時には厳しく叱り、時には一緒に喜び、時には悲しみ、子どもたちのそばに教師がいる。 保護者の一人一人がいる。子どもたちを優しく包み込みながら、時には不安を抱え込んだり、考え込んだりしながら、いつも期待や希望や祈りをもって、喜びにあふれて子どもたちを抱きかかえる保護者の一人一人がいる。

子どもも、教師も保護者も、幼稚園というこの場所で出会って、育ち合っていく。そしてその一人一人を、子どもも大人も、すべてを見守り、ぎゅっと抱きしめて、愛し続け、支えてくださる主なる神がいてくださる。」 わたしたちにとっての幼稚園の原風景です。

60年にわたって、わたしたちの幼稚園を信頼して大切なお子さんを送り出してくださった保護者の方々に心から感謝するものです。

そして誰よりもこの幼稚園に毎日通い、この幼稚園で遊び、人生の大事な時をこの幼稚園で過ごしてくれた子どもたちに、心から感謝をしたいと思っています。

  • Copyright © Yumicho Hongo Kindergarten All Rights Reserved.