弓町本郷幼稚園

教会地図 | お問い合わせ | サイトマップ

  • HOME
  • 園長からのお便り

いのちの有り難さ - 園長からのお便り

イメージ写真

聖書の中にこんな話があります。ある金持ちがいて、ある時予想以上に農作物の収穫があり、思い悩むのです。「もう倉はいっぱいだ。どうしよう。そうだ倉を壊して新しい大きな倉を造り、そこにわたしの収穫物を入れ、さらにわたしの財産を入れよう。」そして彼は自分の魂に向かって、「これで安心だ。たくさんの蓄えができた。喰って、飲んで、楽しめ。」と言うのです。

ところがこれをご覧になっていた神さまは「愚かな者よ、今夜、お前のいのちは取り上げられる。お前が用意したものは、いったい誰のものになるのか。」

そういわれたというのです。そして最後にイエス・キリストがこう語るのです。「自分のために富を積んでも、神の前に豊かにならないものはこの通りだ。」

何を言おうとしているのでしょうか。人間はなぜか気がつくと、自分の所有物を増やすことに躍起になっていくのです。所有物とはお金であったり、知識であったり、経験であったり、ものであったり。

もちろんそれは人生で大事なものです。しかしそれを抱え込んで、握りしめて、これで安心だ、蓄えができた、これでだいじょうぶ、と言えるのかどうか。

イメージ写真

人のいのちは、神さまによって創られたいのちです。そして今日も神さまによって守られ、生かされているいのちです。そのことを受けとめて、感謝し、いのちの有り難さを受けとめ、互いに分かち合う、そういうことが根本にあってこそ、所有物も生きるのではないでしょうか。

人はある時期持つものが増え、やがてそれを少しずつ手放し、最後には何も持たないものとして天国に帰って行きます。

いのちそのものの有り難さ、神さまが支え活かしてくださっているいのちそのものに目を留めて歩んでいかれますように。

  • Copyright © Yumicho Hongo Kindergarten All Rights Reserved.