弓町本郷幼稚園

教会地図 | お問い合わせ | サイトマップ

  • HOME
  • 園長からのお便り

遊ぶことの大切さ - 園長からのお便り

イメージ写真

幼稚園の生活は「遊ぶ」ことこそが大切な部分を占めています。「遊ぶ」ことは幼児期の子どもたちにとってとても大事な、なくてならぬものです。「遊ぶ」と一口に言っても、幼稚園での「遊び」はテレビゲームをしたり、パソコンで自分一人で遊ぶ遊びとは全く違います。自分以外の人といっしょに遊ぶ、集団の中で遊ぶということです。(もちろん幼稚園でも一人で遊ぶということはありますが、今はそのことにはあえて触れません。)

ある教育学者はその場合

1)規則(ルール)を自分たちで作り、その規則を守ること。

2)役割を分担する。

そういうことが子どもたちの中で生まれていく中で遊びは豊かなものとなっていくことを指摘します。

イメージ写真

ままごと一つとっても、遊んでいる子どもたちはその家のルールを作っていくのです。ここが玄関だからここから入ってとか、緩やかであっても決まり事の中で遊びは発展していくのです。

そして母親役や、子ども役、いろいろな役割が生まれ、責任も生まれていくのです。その役割と責任がある種の緊張感を生み出していって、遊びをおもしろいものにしていくのです。

仲間との遊びを作り出していく。そして自分たちの作ったルールと役割の中で喜びや、感動を分かち合っていく。遊びの中で、人間の共感性を育んでいくのです。人間の共感性を育むことは幼児期のもっとも大事な経験の一つだと思います。

「遊び」の大切さを十分受けとめることのできる親として成長してほしいと願っています。年長児たち一人一人(もちろん他の子どもたちも)たっぷりじっくり遊ぶ幼稚園での時間を過ごしてほしいと思っています。

  • Copyright © Yumicho Hongo Kindergarten All Rights Reserved.