弓町本郷幼稚園

教会地図 | お問い合わせ | サイトマップ

  • HOME
  • 幼稚園へメッセージ

幼稚園へメッセージが届きました。ありがとうございます!

☆弓町本郷幼稚園に子どもを通わせて☆(弓町本郷幼稚園 保護者 M.N. さんより)

イメージ写真

3つの幼稚園の保育見学を済ませた後に弓町本郷幼稚園を訪れました。午前中ずっと見学させて頂きましたが、先生方が一体となって子ども達全員を暖かく見守っている様子が実感でき、また、見学している息子に園児たちが親切に接してくれてとても嬉しく思いました。説明会などを経て、園長先生のお人柄や教育理念のお話に深い感銘を受け、入園を希望した次第です。

幼児期にじっくり遊ぶことは人生の基礎を学ぶ上でとても大切だと思います。弓町本郷幼稚園では、例えば初夏などに全身どろどろになる大胆な泥んこ遊びをさせて下さいます。

園長先生がお砂場で高さ1メートル位の大きな山を園児たちと一緒に作り、そこへ水を流して一緒に遊んで下さるのを息子はいつも楽しみにしておりました。

先生方はそういった日常の保育の様子までをも上手に写真に撮って下さいますので、アルバムは幼稚園の思い出で一杯になりました。

最後に・・・、私がこの3年間で一番感動したのは、砂で作ったお団子や園庭で拾った桜の花びらさえもビニール袋に入れて持たせてくれた時でした。

「ママにプレゼントする」という子どもの気持ちを大切にして下さる先生方のもとで過ごした三年間は、私達の一生の宝物となりました。

☆弓町本郷幼稚園に子どもを通わせて☆(弓町本郷幼稚園 保護者 A.T. さんより)

イメージ写真

我家の年子の二人の娘は、弓町本郷幼稚園に三年保育でお世話になりました。

幼稚園はキリスト教に基付く教育を行っていて、純粋な子供の心には、「いつも自分を守ってくれるイエス様」という心強い存在として根付いている様に見受けられます。

毎日の礼拝の中のお祈りでは、病気でお休みしている子を思ったりと、自然とおもいやりの心が育まれていると感じることが多々ありました。 年長組の子は、とてもよく下のクラスの子の面倒を見てくれます。 幼稚園の外であっても名前を呼んで声を掛けてくれる。そんな優しいお兄さん、お姉さんに親子共に嬉しい気持ちになったことを覚えています。

お母様の為の聖書を通して学ぶ会(オリーブの会)もあり、園長先生による聖書のお話や、他のお母様との育児の意見交換の場でもあります。

育児の悩みを打ち明けると、皆様が「うちにはこう乗り切りました」。等、親身になって アドバイスして下さり、反省したり、前向きになれたりと、とても貴重な時間を過ごせました。

有志のお母様によるハンドベル、「リンキング・マザー」もあり私も娘達が在園中は所属させて頂き、第二の春を味わうことが出来ました。

母子共々、有意義で楽しい時間を送らせて頂き、たくさんの事を与えてくださった幼稚園に感謝申し上げたいと思います。有難うございました。

☆こどもを弓町本郷幼稚園に通わせて☆(弓町本郷幼稚園 保護者 S.A. さんより)

イメージ写真

私も主人もクリスチャンではなかったのですが、いくつか幼稚園を見学して「ここに子供を通わせたい」と思ったのが弓町本郷幼稚園でした。

新しい朝を迎えられて感謝する、お友達と今日幼稚園で元気いっぱい遊べることに感謝する、こういった感謝の気持ちで満ち溢れた礼拝に感激したからでした。

今まで自分に欠けていた感謝の気持ちがこの幼稚園なら育まれると思い、入園を決めました。実際、園長先生が子供に向かって朝玄関で「来てくれてありがとう」と話しかけているのを聞いたとき、子供がうれしそうに照れ笑いしていたのを見てはっとしました。

小さな幼稚園ですので、育児の不安や疑問も担任の先生だけでなく、いろいろな先生に聞いて頂くことができました。自由参加の聖書を読む会では、聖書を通して子育てについて考えることができ、子供と一緒に私も幼稚園に育てていただいたと感じます。

子供は、翌日雨に降られては困るとき、学校でおなかが痛くなったときなど都合よく神様にお祈りしています。ある日、「お手洗いに行っても、おなか痛いの消えなかったけど、お祈りしたら治ったよ」とさらっと言っているのを聞いたとき、「いつでも助けてくださる神様が自分のそばにいる」ことが小さな子供の心にしっかりと刻まれていると感じて驚きました。普通の幼稚園と違って、小学生になっても中学生になっても教会学校が子供を迎えてくれます。途中で足が遠のくことがあっても、どこかで心の支えとなってくれると信じています。

☆聖書のお話を通して☆(弓町本郷幼稚園の先生 OB Mさんより)

イメージ写真

幼稚園では遊びの中で色々なことを経験し学んでいきます。

友達と楽しく遊ぶには我慢しなくてはならないこともあり 人を思いやること頑張ること、又協力したり創造力を養うことも出来ます。

これは何処の幼稚園でも経験出来ますがキリスト教の幼稚園では保育の基礎に 聖書の教えが自然に出てきます。

「主(神)を畏れることは知恵の初め」(箴言1〜7)とあります。

聖書のお話を通して創造主である神を知り人間も動植物も神の愛の中に育てられ 守られることそれは隣人への愛に繋がっていることを覚え「ありがとう ごめんなさい」 が素直に言え、強い人も弱い人も共に生きていく喜びも育っていくのではと思います。

  • Copyright © Yumicho Hongo Kindergarten All Rights Reserved.